• TOP
  • >教職を目指す皆さんへ – 教育実習

教職を目指す皆さんへ

教育実習

教育実習は、中学校教諭一種免許状(以下、中学校免許)を取得する場合は、4単位(120時間、期間としては3~4週間、15日間以上)の実習を、高等学校教諭一種免許状(以下、高校免許)を取得する場合は、2単位(60時間、期間は2週間)の実習を行わなければなりません。
 
中学校又は高等学校のいずれで実習を行うかは各自で決めることになります。
中学校免許を取得する場合は必ず中学校で、高校免許を取得する場合は必ず高等学校で教育実習を行わなければならないということはありませんが、中学校の教員を目指しているのであれば、当然中学校で教育実習を行うのが有益です。なるべく教員を目指す学校種での実習を行ってください。
ただし、受け入れ側の学校の都合もありますから、希望どおりとならないこともあります。
 
中学校免許と高校免許の両方の免許の取得を希望している方は、中学校又は高等学校で120時間(3~4週間、15日間以上)の実習を行えば、中学校・高等学校両方の免許状が取得できます。
複数の教科の免許状を取得する場合であっても、実習教科は1教科で構いません。
 
教育実習を履修する場合、おおむね次のような日程で手続きなどが必要です。
(教育学部の附属学校園で教育実習を実施する場合を除きます。)

教育実習履修日程

法文・教育・理・工学部の学生

3回生

1
4月中・下旬
法文・理・工学部の学生

次年度に行う教育実習の説明会に出席、「教育実習履修願」を受領してください。

説明会内容
  • 教育実習を履修するにあたって( 「教育実習履修願」の記入方法、実習校への教育実習内諾依頼について、内諾依頼~教育実習~事後指導までのスケジュール等)
  • 附属高等学校での教育実習について(附属高等学校の概要、実習時期、受入教科等)

※法文・理・工学部の学生は各自の出身中学校,出身高校又は愛媛大学附属高校で教育実習を行うことになります。

教育学部の学生(出身校で教育実習を行う方)

上記の説明会への出席は不要ですが、「教育実習履修願」等を配付するので、受領してください。

法文・教育・理・工学部の学生

教育実習予定校(出身中学校・出身高校・附属高校(教育学部を除く))を各自で決定します。出身校で実習を行う予定の場合は、教育実習予定校に連絡し、内諾を得てください。(附属高校での教育実習を希望する場合、連絡は不要)
 
各自で実習予定校(中学校・高等学校)に電話連絡し、教育実習の受け入れをお願いしてください。後日、正式に内諾依頼の文書を持参する旨を伝え、電話で内諾の確約を得てください。その際に、中学校免許取得希望者は4単位必要となるので、3週間又は4週間(15日間以上)で120時間の実習が可能かを確認してください。
※内諾を得られない場合や指定の様式(要領)がある旨指導された場合は、教育センター事務課(図書館1階学生サービスステーション)に相談に来てください。

2
4月下旬~5月中旬

「教育実習履修願」を教育センター事務課に提出してください。
提出期限は、附属高校については4月下旬、出身校については、5月中旬頃です。

「教育実習履修願」提出上の注意
  • 実習予定校に連絡し、口頭で内諾を得ていること。(実習希望校が附属高校の場合は、不要)
  • 各学部の教育実習履修条件を履修(修学)の手引きで確認すること。
  • 教員志望の意志が明確であること。
    教育実習期間と就職活動期間が重なるので、「教育実習履修願」を提出する際は熟慮してください。

附属高校での実習希望者が受け入れ予定人数を超えた場合、選考のうえ、履修者を決定します。選考に漏れた場合、出身校での実習を行うことになります。
附属高校での教育実習の受入が決定した場合、個人での内諾の手続きは不要です。

3
6月中・下旬

ガイダンスに出席,教育実習内諾関係書類を受け取ります。

4
7月~9月

夏季休業中に,各自で実習予定校に書類を持参してください。

5
7月~10月

実習予定校から各自で内諾書を受領します。

6
10月

実習予定校からの内諾書と麻疹(はしか)の抗体があることを確認できる書類を教育センター事務課に提出します。教育実習予定者は、麻疹(はしか)の抗体があることが条件です。麻疹(はしか)の抗体検査を受け、抗体があることを確認できる書類を提出してください。(検査の結果、抗体がない場合、麻疹(はしか)の予防接種を受け、受けたことのわかる書類を提出してください。) 教育学部の方は、入学年度(1回生)に教育支援課教育学部チームに抗体に関する書類を提出するので、提出する必要はありません。

7
2月

教育学部は,事前指導があります。(予定)

4回生

8
4月

定期健康診断を必ず受診してください。

9
4月

大学から教育実習依頼文書等(健康診断書を含む)を各実習校へ送付します。

10
4月~5月初旬

法文学部、理学部、工学部は、事前指導があります。

11
4月下旬

ガイダンスに出席してください(直前ガイダンス)実習日誌等を配布します。

12
5月~6月または9月~10月

教育実習を履修します。

13
教育実習終了後

教育実習日誌を教育支援課の各学部チーム(図書館1階学生サービスステーション)へ提出してください。
各学部で事後指導が開講されます。

農学部の学生

3回生

1
4月中・下旬

※教育実習は各自の出身校又は愛媛大学附属高等学校で行うことになります。教育実習予定校(出身中学校・出身高校・附属高校)を各自で決定します。
 
附属高校での教育実習を希望する場合は、附属高校での教育実習についての説明会(城北キャンパスで開催。附属高等学校の概要、実習時期、受入教科等の説明)に出席し、4月下旬頃までに「教育実習履修願(附属高校)」を農学部学務チーム(樽味キャンパス)に提出してください。(提出期限厳守)
 
附属高校での実習希望者が受け入れ予定人数を超えた場合、選考のうえ、履修者を決定します。選考に漏れた場合、出身校での実習を行うことになります。
附属高校での教育実習の受入が決定した場合、個人での内諾の手続きは不要です。

2
5月

出身校で教育実習を希望する場合、次年度に行う教育実習のガイダンスに出席、「教育実習履修願」を受領。
 
教育実習予定校(出身中学校・出身高校)を各自で決定します。出身校で実習を行う予定の場合は、教育実習予定校に連絡し、内諾を得てください。
 
各自で実習予定校(中学校・高等学校)に電話連絡し、教育実習の受け入れをお願いしてください。後日、正式に内諾依頼の文書を持参する旨を伝え、電話で内諾の確約を得てください。その際に、中学校免許取得希望者は4単位必要となるので、3週間又は4週間(15日間以上)で120時間の実習が可能かを確認してください。
※内諾を得られない場合や指定の様式(要領)がある旨指導された場合は、農学部学務チームまで相談に来てください。
 
口頭で内諾が得られたら、「教育実習履修願」を農学部学務チームに提出してください。

「教育実習履修願」提出上の注意
  • 実習予定校に連絡し、口頭で内諾を得ていること。(実習希望校が附属高校の場合は、不要)
  • 教育実習履修条件を「履修案内」で確認すること。
  • 教員志望の意志が明確であること。
    教育実習期間と就職活動期間が重なるので、「教育実習履修願」を提出する際は熟慮してください。

3
7月~9月

夏季休業中に、各自で実習予定校に書類を持参してください。

4
7月~10月

実習予定校から各自で内諾書を受領します。

5
10月

実習予定校からの内諾書と麻疹(はしか)の抗体があることを確認できる書類を農学部学務チームに提出します。教育実習予定者は、麻疹(はしか)の抗体があることが条件です。麻疹(はしか)の抗体検査を受け、抗体があることを確認できる書類を提出してください。(検査の結果、抗体がない場合、麻疹(はしか)の予防接種を受け、受けたことのわかる書類を提出してください。)

4回生

6
4月

定期健康診断を必ず受診してください。

7
4月

大学から教育実習依頼文書等(健康診断書を含む)を各実習校へ送付します。

8
4月~5月初旬

事前指導を受講してください。

9
4月下旬~5月初旬

ガイダンスに出席してください。(直前ガイダンス) 実習日誌等を配付します。

10
5月~6月または9月~10月

教育実習を履修します。

11
教育実習終了後

教育実習日誌を農学部学務チームへ提出してください。
事後指導を受講してください。

 
ページの先頭に戻る