• TOP
  • >教職を目指す皆さんへ – 教職実践演習

教職を目指す皆さんへ

教職実践演習


「教職実践演習」とは何か

「教職実践演習」は、教職課程の授業科目やそれ以外での様々な活動を通じて学生が身につけた資質能力が、教員として最小限必要なものとして有機的に統合され形成されたかについて、大学が自ら養成する教員像や到達目標など(愛媛大学教職課程のディプロマ・ポリシー)に照らして最終的に確認する必修科目で、開講時期は4年次後学期です。

教職実践演習のイメージ1 教職実践演習のイメージ2  

「教職実践演習」の種類

本学では、次の4種類の「教職実践演習」を開講します。
① 「教職実践演習(幼稚園)」
② 「教職実践演習(小学校)」
③ 「教職実践演習(中・高)」
④ 「教職実践演習(養護教諭)」

  • ※1)取得する教員免許状の「教職実践演習」を受講してください。
  • ※2)複数の教員免許状を取得予定の場合は、最も取得を希望する学校種・教科の「教職実践演習」を受講してください。

「教職実践演習」の履修条件

「教職実践演習」の履修条件は学部によって異なります。所属学部の履修条件を熟読してください。

法文・理・工・農学部
  1. 教職課程学習ポートフォリオを作成していること。
  2. リフレクション・デイ(第Ⅰ期・第Ⅱ期・第Ⅲ期)に参加していること。
  3. 「教職実践演習」(4年次後学期)履修時点で、未修得の「教職に関する科目」(「教育実習」、「教育実習事前・事後指導」、教科教育法を除く)が3科目以内であること。
  4. 「教職実践演習」(4年次後学期)履修時点で、取得予定教科の教科教育法の半数*(中学校は2科目、高等学校は1科目)以上を修得済みであること。

※複数の教員免許状を取得予定の場合は、最も取得を希望する教員免許状(学校種・教科)を取得するために必要な教科教育法の半数とします。
 

教育学部
  1. 教職課程学習ポートフォリオを作成していること。
  2. リフレクション・デイ(第Ⅰ期・第Ⅱ期・第Ⅲ期)に参加していること。
  3. 「教職実践演習」(4年次後学期)履修時点で、未修得の「教職に関する科目」(「教育実習」、「教育実習事前・事後指導」、各教科の指導法及び保育内容の指導法を除く)が3科目以内であること。
  4. 「教職実践演習」(4年次後学期)履修時点で、取得を希望する教員免許状*の必修要件として指定されている教科の指導法または保育内容の指導法の半数以上を修得済みであること。

※取得を希望する教員免許状とは、例えば「中学校・理科」や「高等学校・国語」のように、取得を希望する教員免許状の学校種と教科を組み合わせたものを指します。複数の教員免許状を取得予定の場合は、最も取得を希望する教員免許状と考えてください。
 

医学部看護学科
  1. 教職課程学習ポートフォリオを作成していること。
  2. リフレクション・デイ(第Ⅰ期・第Ⅱ期・第Ⅲ期)に参加していること。
  3. 「教職実践演習」(4年次後学期)履修時点で、「教職に関する科目」(「養護実習」、「養護実習事前・事後指導」を除く)をすべて修得していること。

「教職実践演習」の単位認定条件

「教職実践演習」の単位は、次の2つの条件を満たさなければ認定されません。

  1. 教員免許状を取得するために必要なすべての単位を修得していること。
  2. 必要な「教職課程学習ポートフォリオ」を作成していること。

「教職実践演習」のシラバス(一例:「教職実践演習(中学校・高等学校)」)

【授業のキーワード】
教員に求められる資質能力(Knowledge, skills and attitude required for the teaching profession),学習の総括(Summary of learning (in pre-service teacher development)),教職課程学習ポートフォリオ(Portfolio for student teachers),教職課程のディプロマ・ポリシー(Diploma policy of the teacher education program)
 
【授業の目的】
教職課程の全授業科目(教育実習を含む)や授業外での様々な教育体験活動を通じて身に付けた知識・技能や資質能力が,教員として最小限必要な資質能力として有機的に統合され形成されたかについて,「愛媛大学教職課程のDP」で示される到達目標に照らし合わせて最終的に確認するものであり,「学びの軌跡の集大成」として位置付けられる科目である。
この科目の履修を通じ,教員になる上で,自己にとって何が課題であるのかを自覚し,不足している知識や技能等については補充学習等を用いて補いながら,その定着を図ることにより,教職生活を円滑にスタートできるようになることが期待される。
 
【授業の到達目標】
以下の「教職課程のDP」で示される知識・技能および資質能力を習得していることが,この授業の到達目標である。
  • 教科・教職に関する幅広い基礎知識と、得意分野の専門的知識を有している。
  • 学校現場で生じている問題を始めとして地域や社会全体に関わる課題について、適切な対応を考え議論することができる。
  • 幼児・児童・生徒の発達に応じた保育・授業の構成や教材・教具の工夫ができる。
  • 実践から学び、自己の学習課題を明確にして、理論と実践を結びつけた学習ができる。
  • 教育的愛情を持って幼児・児童・生徒に接することができるとともに、多世代にわたる対人関係力を身につけ、社会の一員として適切な行動ができる。
 
【授業概要】
一クラス30人程度の演習形式で実施する。ただし【実践講話】の回(第2,4,6,7回)については「教職実践演習」受講者全員を2クラスに分け,土曜日等を利用して実施する。
教員免許状取得に関わる講義等で学んだ知識・技能や,教育実習や教育体験活動などの実践を通じて身につけた資質能力を確認するために,各授業回のテーマに応じ,小テスト,DVDの視聴や実践講話の聴講と小グループでのディスカッション,指導案の作成と発表,模擬授業,ロールプレイ等を行って各自の学習成果を総括する。
 
【授業スケジュール】
第1回 教職に関する基礎知識の確認(テスト)と学習歴(教職課程学習ポートフォリオ)の確認
第2回 教員の職務と学校現場における課題【実践講話】
第3回 学級づくりと児童・生徒への対応(事例研究)
第4回 学校の安全管理【実践講話】
第5回 児童・生徒を取り巻く社会環境とその対応(『指導の具体案』づくり)
第6回 地域社会・保護者(PTA)との連携【実践講話】
第7回 特別支援教育【実践講話】
第8回 第5回の課題(『指導の具体案』)発表準備
第9回 第5回の課題(『指導の具体案』)について模擬授業等による発表
第10回 教育実習のふりかえり(教材や指導案の相互評価)
第11回 実践活動 その1 (現場での活動または模擬授業と授業研究)
第12回 実践活動 その2 (現場での活動または模擬授業と授業研究)
第13回 実践活動 その3 (現場での活動または模擬授業と授業研究)
第14回 実践活動 その4 (模擬授業と授業研究)
第15回 自己教育課題の総括
第15回終了後 試験(最終確認)
 
【授業時間外学習にかかわる情報】
大半の授業回でレポート課題を課す。
教職の総括の科目であり,「リフレクション・デイ」での作業や「教職課程学習ポートフォリオ」の作成も,「教職実践演習」の授業時間外学習と位置づける。
 
【成績評価方法】
小テスト,レポート,教職課程学習ポートフォリオの点検,模擬授業等での評価,総括の活動内容と提出物について,対応するDPごとに評価し,最終の試験と合わせて最終的な評価を合わせて点数化する。また配点の目安として,前半,中盤,後半,第15回と試験,それぞれを25点とする。
 
【受講条件】
以下を満たしていること
  • 第Ⅰ期,第Ⅱ期,第Ⅲ期のリフレクション・デイを全て受講
  • 「教職課程の学習ポートフォリオ」の作成
  • 免許取得に必要な科目のほとんどを修得(学期終了時に免許取得要件を満たすことを目安とする)
 
【受講のルール】
やむを得ず欠席した場合は,補習を受けてレポートを提出しなければならない(eラーニングを利用して実施する)。ただし,2/3以上の出席がなければ,補習の受講に関わらず単位は認定しない。
前半,中盤,後半,それぞれの時点で不合格の評価となったDPに関しては補充学習を受け,合格することが必要である。補充学習を受けない場合,受けた場合でも補充学習に合格するまで努力をせず不合格のままであった場合は,単位を認定しない。
 
ページの先頭に戻る