• TOP
  • >お知らせ
  • >平成26年度 第Ⅰ期・第Ⅱ期リフレクション・デイを実施しました

お知らせ

平成26年度 第Ⅰ期・第Ⅱ期リフレクション・デイを実施しました

 下記の日程で、平成26年度 第Ⅰ期および第Ⅱ期リフレクション・デイが実施されました。

  第Ⅰ期 リフレクション・デイ(全学の2回生対象、参加者は約400名)
    平成27年2月23日(月)/2月27日(金) 9:00〜12:00

  第Ⅱ期 リフレクション・デイ(全学の3回生対象、参加者は約320名)
    平成27年2月23日(月)/2月27日(金) 9:00〜12:00

 リフレクション・デイは、本学独自の取り組みの一つであり、理論と実践を結びつけた体系的な学習を支援し実践力の高い教員を養成することを目的として、年に1回ずつ実施しているものです。

 リフレクション・デイの主な実施内容は、下記の4点です。
  ① 「教育観」の記述
  ② 実践講話とグループ・ディスカッション
    (第Ⅰ期:授業と特別支援教育に関する講話)
    (第Ⅱ期:生徒指導<松山市教育委員会>に関する講話)
  ③ 「愛媛大学教職課程のDP」に基づいた自己評価シートの作成
  ④ 今後の学習計画の設定と振り返り

 これらは「リフレクション・ログ」として「教職課程学習ポートフォリオ」(いわゆる履修カルテ)の一部となり、作成した「リフレクション・ログ」は教職コーディネーター等が点検・コメントをつけて返却し、全学的な教職指導などに活用されます。

 今回のリフレクション・デイでは、近年特別支援教育に関する理解や知識の習得が求められていること、これまでリフレクション・デイを続けていくなかで特別支援教育に関する知識や理解が乏しいという学生の自己評価の結果から、第Ⅰ期リフレクション・デイ(2回生対象)のメニューの中に、「これからの特別支援教育」について本学教育学部の苅田知則先生による講話を新しく取り入れました。講話の中では、近年の特別支援教育の動向やiPadなどICTを活用した学習支援の最新動向などについて取り上げられました。
 今後も教員養成の在り方や教育現場の動向などをふまえて、教師を目指す学生たちに対する様々な支援を行っていきたいと思います。

2015年03月29日 posted|▲お知らせ一覧を見る
 
ページの先頭に戻る